観音寺竜宮伝説

ホーム > 観音寺竜宮伝説

浦島太朗が訪れた竜宮城それは観音寺にあった?!

浦島太郎の物語に書かれている竜宮城は、実は地上にあったという説があります。「御伽草子」では、浦島太郎は船で竜宮城に渡ったとされています。荘内半島の浦島太郎が渡ったといわれる竜宮城が、実は観音寺にあったということを皆さんはご存知でしょうか?
観音寺市北東に位置する荘内半島には、古くから浦島太郎にまつわる伝説が数多く残されています。
その中で竜宮城は、荘内半島の西側(観音寺方向)にあったとされてます。
また、地理的にも観音寺は、太郎にとって未知の場所であったとも考えられます。
観音寺市民なら誰もが一度は訪れたことのある琴弾八幡宮。有明浜の南端に突き出た琴弾山一体が、実は竜宮城であったと言われています!
室町時代に土佐光信によって描かれたとされる「絹本著色琴弾宮絵縁起」を見れば一目瞭然。
海上舞台やお宮の雰囲気など、それは正に竜宮城のイメージそのものです!
琴弾八幡宮に祀られている玉依姫命は、海神の次女です。乙姫は妹姫を指す呼称であることから玉依姫命が「乙姫様」であるの可能性が高いのです。
また、玉依姫命は、巫女を指す総称とも考えられていることから「乙姫様」は、琴弾八幡宮の巫女であったという説もあります。
琴弾山南側の観音寺港周辺には、琴弾山を望むように竜王(海神)を祀る祠がいくつか点在しています。
このことも琴弾八幡宮が竜宮城であったといわれる由縁のひとつです。
竜宮パワーで運気上昇!?
ミステリースポットマップはこちら
考案 : ドピカーン観音寺実行委員会・ミステリーラボ